結婚式の費用が高額でお困りのあなたへ新潟の格安和婚の専門店です

あい&あいブライダルプロデュース 025-201-6049

新潟の神前式

新潟の神前式のお勧めは神社の神前式です。
新潟県内で神前式をお願いしている神社は、新潟大神宮・三社神社・湊稲荷神社 (新潟市中央区)・弥彦神社 (弥彦村)・藤基神社 (村上市)・熊野若宮神社 (胎内市)・諏訪神社 (新発田市)・旦飯野神社 (阿賀野市)・五泉八幡宮 (五泉市)・青海神社 (加茂市)・三条八幡宮 (三条市)・金峯神社・蒼柴神社 (長岡市) などです。
新潟県内の神社以外で神前式が可能な会場は料亭、割烹、温泉旅館、シティーホテルなどです。
上記以外の新潟の神社神前式、神殿の神前式の相談も承ります。

金峯神社 結婚式

神前式の一般的な式次第 (神社によって異なります)
一、参進の儀 (さんしんのぎ) 新郎新婦、家族、親族、友人の順に心を落ち着いて式場に向かいます。
一、昇殿 (しょうでん) 神様の御前、拝殿に上がります。
一、修祓 (しゅばつ) 神職が新郎新婦、参列者の順に心身を祓い清めます。
一、斎主一拝 (さいしゅいっぱい) 神職が神社の神様にごあいさつをします。
一、献饌 (けんせん) 神職がお迎えした神様に山海の幸、ごちそうをお供えします。
一、祝詞奏上 (のりとそうじょう) 神職が神様に新郎新婦、お二人の結婚の報告をします。
一、三々九度の盃 (さんさんくどのさかずき) 新郎新婦を結ぶ盃の儀式 小、中、大の盃に巫女がお神酒を注ぎ新郎新婦が交互に9回飲みます。
一、誓詞奏上 (せいしそうじょう) 新郎新婦が自ら神様に誓いを立てます。
一、巫女舞奉奏 (みこまいほうそう) 雅な巫女舞で神様に和んでいただきます。
一、玉串奉奠 (たまぐしほうてん) 新郎新婦、両家当主の順に感謝の気持ち (玉串) を奉納します。
一、撤饌 (てっせん) 神職が神様にお供えした山海の幸を下げます。
一、斎主一拝 (さいしゅいっぱい) 神職が式の終わりに神様にごあいさつします。
一、親族固めの盃 (しんぞくかためのさかずき) 巫女がかわらけ (白い盃) に注いだお神酒を新郎新婦、家族、親族が一緒に飲みます。
ご希望により結婚指輪の交換もできます。 (専門結婚式場やシティーホテルなどでは、時間の関係で式次第の一部を省略することが多いようです)

旦飯野神社 結婚式

神前式のみをご希望の場合は神社の神前式をご検討下さい。
お問い合わせ、ご相談は何回でも無料の無料相談をご利用ください。
新潟市西区赤塚4419 ☎ 025-201-6049

2018年12月26日