新潟県弥彦村 新潟県一の宮 弥彦神社神前式の初穂料 (神前式料) は80,000円です。
宗教法人ですので消費税は必要ありません。(初穂料の奉納は申し込み時から可能です 挙式当日でも構いません)

祈祷殿 (挙式会場) を見学することも可能です。
弥彦神社神前式の空き状況の確認や仮の申し込みはあい&あいでする事ができます。
正式な申し込みは仮申し込みから1ヶ月以内に新郎新婦が直接、弥彦神社に申し込むことになっています。
(1ヶ月以内に正式な申し込みをしない場合は自動的に仮申し込みが解除になりますので気を付けてください)

祈祷殿 (挙式会場) に入場できるのは、新郎新婦、媒酌人 (仲人) 家族、親族のみです。
家族、親族は新郎新婦、媒酌人の他に新郎家16名、新婦家16名が着席できますが16名以上の方々は立っての参列になります。
(友人、知人、職場関係などの方々は神前式に参列出来ません 祈祷殿内は写真撮影並びにビデオ撮影は禁止です)

弥彦神社境内でのプロのカメラマンによる写真撮影並びにビデオ撮影には許可申請が必要です。
撮影の許可申請は弥彦写真組合に申請します。
新郎新婦又は担当カメラマンが申請してください。
あい&あいに撮影依頼いただいた場合は提携のカメラマンが申請をします。(前にも述べましたが神前式の撮影は禁止です)
二人の記念写真及び集合写真撮影には各5,000円の初穂料が必要です。
スナップ写真撮影及びビデオ撮影には各10,000円の初穂料が必要です。(あい&あい提携のカメラマンの場合はあい&あいで立替払いをいたします)
二人の記念写真及び集合写真撮影には各2,000円の弥彦写真組合協力費が必要です。
スナップ写真撮影及びビデオ撮影には各5,000円の弥彦写真組合協力費が必要です。(あい&あい提携のカメラマンの場合はあい&あいで立替払いをいたします)
二人の記念写真及び集合写真は神前式完了後に撮影します。
写真撮影及びビデオ撮影の決まり事は少々複雑ですので詳細はお尋ねください。

弥彦神社 結婚式

一の鳥居から進む参進の儀は弥彦神社の参拝者や観光客から「おめでとう」と祝福の声が掛ります。
弥彦神社神前式の式次第
修祓 (しゅばつ) 神職が心身をはらい清めます。
献饌 (けんせん) 神職が神様に山海の幸、ごちそうをお供えします。
祝詞奏上 (のりとそうじょう) 神職が神様にごあいさつをします。
三々九度の儀 (さんさんくどのぎ) 新郎新婦が交互に小中大の盃に注がれたお神酒を交互に飲みます。
誓詞奏上 (せいしそうじょう) 新郎新婦が自ら誓いの言葉を読み上げます。
指輪の交換の儀 (ゆびわのこうかんのぎ) 新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪の交換をします。
玉串奉奠 (たまぐしほうてん) 新郎新婦、両家当主の順に玉串を捧げます。
撤饌 (てっせん) 神職が神様にお供えした山海の幸を下げます。
親族固めの盃 (しんぞくかためのさかずき) 新郎新婦、家族、親族が一緒にお神酒を飲みます。
神前式は家族、親族に見守られて進行します。

お問い合わせ、ご相談は何回でも無料の無料相談をご利用ください。☎ 025-265-3630