MENU

弥彦神社 神前式の無料相談承ります 新潟

弥彦神社外観

2022年3月24日更新

新潟県弥彦村 弥彦神社神前式の無料相談承ります。

弥彦神社の神前式料は80,000円です。
神前式の予約は8ヶ月前からできます。
神前式の仮予約はあい&あいで代行する事が可能です。
仮予約から1ヶ月以内に正式に結婚式申込書を提出しないと、仮予約は自動的にキャンセルとなります。
10時~15時まで1時間ごとの神前式が可能です。

祈祷殿 (神前式会場) に入場できるのは、新郎新婦、媒酌人、家族、親族です。
ご友人や知人の方は参列することができません。

弥彦神社神前式の申込書も用意してあります。
パワースポットの弥彦神社の神前式は人気です。
神前式会場へ向かう参進の儀には、参拝者や観光客から「おめでとう」とお祝いの言葉が掛けられます。

あい&あいオリジナルプラン
275,000円 (税込)

内容/新郎衣裳 紋付羽織袴一式・新婦衣裳 白無垢一式又は色打掛一式・ヘア・メイク・着付け・介添え・プロデュース

※ 紋付羽織袴は多数ご用意しておりますので、お好みの一着をお選び下さい。
(長着・羽織・袴・羽織紐・長襦袢・角帯・末広・雪駄・足袋・和装小物一式)
※ 白無垢又は色打掛は50着以上の中からお好みの一着をお選び下さい。
(白無垢又は色打掛・掛下・長襦袢・抱え帯・帯揚げ・帯締め・筥迫セット・末広・肌着・草履・足袋・和装小物一式)
※ ヘアメイクはヘアメイクアーティストが担当します。
(ブライダル、CM撮影、モデル撮影、成人式、テレビ局など実績豊富)
※ 着付けはベテラン着付け師が担当します。
(ブライダル、CM撮影、モデル撮影、成人式、卒業式など経験豊富)
※ プロデュースはベテランプロデューサーが担当します。

弥彦神社神前式の式次第

一、参進の儀 (さんしんのぎ) 新郎新婦、家族、親族の順に二列に並んで赤い一の鳥居から祈祷殿 (神前式会場) へ心を落ち着いて向かいます。

一、昇殿 (しょうでん) 新郎新婦、家族、親族が神様の前、拝殿に入場します。

一、修祓 (しゅばつ) 神職が新郎新婦、参列者の順に心身を祓い清めます。

一、献饌 (けんせん) 神職が神様に山海の幸をお供えします。

一、祝詞奏上 (のりとそうじょう) 神職が神様に二人の結婚の報告をします。

一、三々九度の盃 (さんさんくどのさかずきのぎ) 小、中、大の盃に巫女がお神酒を注ぎ、新郎新婦が交互に9回飲みます。

一、誓詞奏上 (せいしそうじょう) 新郎新婦が自ら神様に、誓いを立てます。

一、指輪の交換の儀 (ゆびわのこうかんのぎ) 新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪の交換をします。

一、玉串を奉納 (たまぐしほうてん) 新郎新婦、媒酌人、両家の当主の順に感謝の気持ち、玉串を奉納します。

一、撤饌 (てっせん) 神職が神様にお供えした山海の幸を下げます。

一、親族盃の儀 (しんぞくはいのぎ) 新郎新婦、家族、親族が一緒に巫女がかわらけ (白い盃) に注いだお神酒を飲みます。

弥彦神社境内でのプロのカメラマンの撮影には結婚式の1ヶ月前に許可申請が必要です。(詳細はお尋ねください)
弥彦神社境内でのプロのカメラマンの撮影には初穂料 (許可料 弥彦神社に奉納) と弥彦写真組合協力費 (弥彦写真組合におさめる) が必要です。(詳細はお尋ねください)

お支度や披露宴、会食会場

岩室温泉 富士屋・岩室温泉 ゆもとや・高志の宿 髙島屋・著莪の里 ゆめや (新潟市西蒲区岩室温泉)

お宿 だいろく・美味満開 名代家・旅館 食事 清水屋・割烹の宿 櫻家 (西蒲原郡弥彦村弥彦温泉)
温泉旅館
の相談も承ります。

新潟県西蒲原郡弥彦村 弥彦神社神前式の相談承ります。
ご相談は何回でも無料の無料相談をご利用ください。
詳細、問合せ、ご相談は
新潟市西区赤塚4419-1 ☎ 025-201-6049

ご相談、打合せは新潟県内 (佐渡市・粟島浦村除く) 何処でも出張致します。
出張料も無料です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人