Loading

パワースポット 旦飯野神社

新潟県阿賀野市|神前式(神社結婚式)

朱塗りの鳥居をくぐり参進の儀で石段を一段ずつ進み
パワースポット旦飯野神社で挙げる神社神前結婚式

新潟県阿賀野市五頭山の麓に鎮座する旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)の神前結婚式。
静寂の中、厳粛に挙行される神前式は新郎新婦や参列者全員の心に残ります。
挙式中には巫女の舞が奉納され、雅楽は宮司が笛や太鼓を奏でます。
 
旦飯野神社では宮司さんが「修祓(おはらい)をすれば神職の私たちと皆さんは同じ」とおしゃり結婚式中でも自由に写真やビデオを撮影することができます。
ご家族様のみの少人数の結婚式やご親族様、ご友人様もご参列いただく60名様位までの結婚式ができます。
 
朱塗の一の鳥居をくぐり抜けて階段を登る参進の儀から神前式は始まります。
拝殿に到着すると新郎は本殿に向かって右側、新婦は左側に着座します。
その後ろに新郎新婦のご家族様、ご親族様、ご友人様が着座します。
 
・修祓(おはらい)
・斎主一拝(神社の神様にごあいさつ)
・祝詞奏上(ふたりの結婚を神様に報告)
・三献の儀(三々九度の盃 新郎新婦を結ぶ盃)
・誓詞奏上(誓いの言葉)
・巫女の舞奉奏(みやびな巫女の舞で神様に和んでいただく)
・玉串拝礼(感謝の気持ちを奉納)新郎新婦が奉納をした後に新郎新婦ご両家の代表が奉納します
・斎主一拝(式の終わりにごあいさつ)
神前式の式次第は上記の流れになります。
 
神前式後に新郎新婦の記念写真撮影を神社拝殿内や一の鳥居前で行うことができます。
参列者皆さんの集合写真撮影もできます。
神社の敷地内にある宮司の自宅で、新郎新婦のお支度もできます。
 
旦飯野神社は長い石階段の参道を登る参進の儀、赤い鳥居の奥に本殿があります。
その周りは幻想的な森の中といった雰囲気。
 
旦は太陽が昇る様子、飯は米、野は田畑を意味し、この地が阿賀野市・旧笹神村の米作り発祥であることを伝える神社です。
万能の力を持つ神さまをまつっているため、厄除けや運気向上などにご利益があります。
 
福あめ、お神酒、おみくじは無料でいただける他、栽培されているしいたけやプチトマト、ゴーヤまで「旦飯野神社産」として、ご自由にお採りくださいと書いてあります。
 

旦飯野神社 神前式(神前結婚式)
2名様~70名様 325,000円(税込)

【神社設備】
・雅楽生演奏
・参進の儀
・新郎新婦控室
・親族控室
 
【グッズ・アイテム】
・新郎ご衣装
・新婦ご衣装
 
【サポート】
・美容着付け
・アテンド
・プロデュース
 
*新郎ご衣装
・和装「紋付羽織袴」
 上記約60着よりお好みのご衣装1着
 
*新婦ご衣装
・和装「白無垢 / 色打掛 / 引振袖 / 振袖」
 上記約120着よりお好みのご衣装1着
 
*文金高島田(京かつら)セット 32,400円(税込)
・花嫁用かんざし
・綿帽子
・角隠し
 
*その他、直接肌に触れる下着類(肌着 / お腰 / 足袋)は別途ご用意ください。
 手配も承っております。